主に沖縄のダイビング情報

免許取得すると更に楽しみが広がる沖縄のダイビングについて

沖縄には海外には負けず劣らない美しい青い海が存在し、季節問わず温暖の水中でダイビングを満喫できるので、マリンスポーツ愛好者には長年人気の観光地です。

特に沖縄本島の西海岸と呼ばれる地域には、水深10メートル以上潜水できるファンダイビングスポットがあらゆる所にあり、自然が生み出した個性的な地形やマクロサイズの生物も直ぐ目の前で見る事もできます。

近年は沖縄も格安航空券を使って安い交通費で気軽にレジャーに来れるようになってるので、若い年齢のうちにダイビングを習得したいなら、就学期間中の春や夏の長期休暇などを利用し、少数精鋭レッスンが持ち味のダイビングショップの講座に申し込んでみるといいでしょう。

特にこちらのダイビングショップは沖縄口コミで人気のようで是非調べてみて下さい。

実はダイビングは実際に泳げなくても、特に持病がなければ15歳以上から体験ダイビングツアーに参加する事が可能ですし、基礎技術が身に付けば初心者でも民間団体発行の免許取得に直ぐトライできます。

ダイビング免許を一度獲得しておけば、運転免許のように定期的な更新不要で沖縄の西側だけでなく、上級者向けの潜水スポットである離島付近でのボートダイビングも楽しめるようになり、好きな砂浜からでも自由に潜れるようになります。

又、沖縄のダイビングショップでは、なかなか素人の独断では選ぶのが難しい自分に合ったスーツ選びもサポートしてくれ、寒い冬でも気持ち良く泳げるように体温を奪わない防水タイプの物も完備されてます。

そして海水から目を保護してくれるのに欠かせないマスクに関しても、ダイビングショップでは勿論貸し出しを行っており、普段目が悪い人でも綺麗な景色をレンズを通してまんべんなく見れるように、コンタクトレンズ機能のあるマスクも用意されてるので安心です。

しかもダイビングしてる時は、ある程度重い酸素ボンベも背負って泳がないといけないので、グングン距離を泳ぐために必要不可欠な足ひれのフィンも自分の脚力と技術度によって上手にサイズを選ばないといけません。

フィン選びを誤ってしまうと、足の筋肉がこわばって水中で柔軟な動きが取れなく恐れもあるので、なるべく初心者のうちはダイビングショップでレンタルをして試着も念入りに重ねながら、自分の足に最もフィットする物を選ぶようにしましょう。

ちなみに沖縄では夜のダイビングが楽しめるツアーもあり、朝や昼間とは全く違う海中の景観が見られるのも醍醐味になってるので、穴場のツアーを探したい場合は、離島の村にあるダイビングショップは特に情報チェックを欠かさないようにする事をお勧めします。

最新投稿

  • ダイビングは楽しすぎて疲れるらしい

    ダイビングは最近気軽に楽しめるものになっていますが、もちろん運動にもなります。 運動のためにやっている人がどの …

    続きを読む...